記事一覧

橋蕤 袁術軍の先鋒!夏侯惇と激突!


曹操、劉備、呂布、袁紹、袁術、孫策…。
野心家たちが覇を競っていたシナ大陸。

偽帝袁術を討つため、曹操、劉備、呂布はお互いに協力し出兵。
曹操は中軍、呂布が左翼、劉備が右翼を務めて進軍!

コーエーの三国志ゲームでしたら、このメンツに攻められた袁術は完全に詰み!
どうあがいても勝てません。

が、偽帝を専称し、金銀財宝、兵糧も大量、かつ軍も強大です。
いくら腕っぷしの強い連中が固まったとて、そう簡単に袁術を屠ることはできません。

更に孫策軍も加わり、長江沿いに西から進軍。

ダメ押しの孫策。


が、袁術軍にも勇将がおります。

その一人が橋蕤です。
kyozui.jpg


曹操軍至ると聞き、袁術は橋蕤を大将に兵5万を預けて出撃させました。
曹操軍の先鋒は夏侯惇と于禁ですっ!

この頃の夏侯惇はまだ両目がある状態。片目の頃よりも遥かに強かったはず。

大将だけでも2対1という状況。行けるか、橋蕤?

橋蕤「2対1だああ?二人で足りるのか?」

なんてことは言っておりませんが、橋蕤相手に二人だけで勝てるのかい?


橋蕤、真っ先に馬を乗出したが、夏侯惇と戦って三合もせぬうちに夏侯惇の矛先を受けて殺された。


…^^;


正史だと孫策のことをものすごく尊敬していたそうですね。
孫策が袁術のところで居候していた時に、孫策の人物を見抜いたのでしょうか。
そうであれば、劉繇、厳白虎、王朗退治に同行して、そのまま孫策の下で働いていたら違った将来を歩んでいたかもしれません。

橋蕤の子孫が三国末期まで生き残って、孫綝、孫峻、孫皓を改心させたりとか。。。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

諸葛菜

Author:諸葛菜
諸葛菜です。しょかつさいと読みます。
諸葛菜とは諸葛亮が兵士に持たせた兵糧のことです。「オオアラセイトウ」という花大根です。根から茎や葉まで生でも煮ても食べられるので兵士に愛用されました。
諸葛亮死後の三国志演義後半ブログを書いていましたが、前半部分にも多数の出落ち雑魚武将がいましたので、ピックアップしていきます。

プロフ画は私が無理やり悠呉さん(嗜好策呉)にお願いして、ご提供いただきました画像です。