記事一覧

呂公 劉表の部下、孫堅を仕留めた男 本当は生きてたよっ!


劉表の部下黄祖軍が孫権軍に敗北。
賊上がりの猛将陳孫、張虎が討ち取られ大ピンチ。

一矢報いようと、劉表の娘婿蔡瑁将軍が打って出ましたが敗北。

結局、孫堅軍の包囲を破って、袁紹殿に加勢を求めることで軍議が一致。


「囲みをぶち破る者はおるかあああああっ!?」


「それがし、参りますっ!」

呂公がいったあっ!さすが勇将!

lvgong.jpg


蒯良が一計を授けます。

・弓の得意なものを選んで引き連れ、囲みを破ったら一気にキ山へ走れ。
・孫堅が追ってくるが、100人ほど山頂に伏兵させ大石を集めておけ、また100人に弩を持たせて伏兵せよ。
・孫堅が追ってきてもまっすぐ逃げるな。あちこち逃げ回ってから伏兵のところまでおびき寄せろ。
・計が決まったら連珠号砲を打て。城内から応援を出す。


黄昏時、呂公は打って出た。

孫堅は30騎ばかりを率いて自ら出陣。
部下に行かせれば良いものの、これは前日に孫堅の「帥」の旗が折れたという死亡フラグの回収です。

「逃げるな!」

呂公は孫堅に追われるが、数合戦っただけですぐに逃げる。


うまうまと孫堅を山頂におびき寄せ、岩を落とし、矢弾を雨あられと浴びせる。
孫堅に命中!演義によると「脳みそを吹き出して人馬もろともキ山の山中に死んだ」とのこと。


呂公は仕事のできる武将です。
油断せずに後続の30騎も残らず討ち取りました。

ってことは孫堅一人で駆け上がって来たのかよ…痛すぎます。


劉表軍が城内から討って出て、孫堅軍をもみくちゃに痛めつけました。
程普は孫策をかばって重囲を突破しようとしておりました。

そこに現れたのが呂公!

「行かせるかよっ!」

ここで孫堅の跡取り孫策を殺していれば、「三国志演義」なんてできなかったかも。跡取りも討ち取れば大金星2つです。

しかし。


数合せずして呂公は馬から突き落とされました。

正史ではこの戦いで戦死していないとのこと。
演義で「突き落とされた」は討ち取られたとほぼ同義語。死んだことにされています。

仕事のできる武将ですし、孫堅と渡り合ってうまくおびき出しましたし、武力も高そうです。囲みを突破して袁紹のところまで行こうとする根性も見上げたもの。

武力82、知力53、魅力64くらいかなあ~と勝手に想像。

あ、三国志14のデータが。

統率 51
武力 60
知略 48
政治 23
魅力 42

え~…。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

諸葛菜

Author:諸葛菜
諸葛菜です。しょかつさいと読みます。
諸葛菜とは諸葛亮が兵士に持たせた兵糧のことです。「オオアラセイトウ」という花大根です。根から茎や葉まで生でも煮ても食べられるので兵士に愛用されました。
諸葛亮死後の三国志演義後半ブログを書いていましたが、前半部分にも多数の出落ち雑魚武将がいましたので、ピックアップしていきます。

プロフ画は私が無理やり悠呉さん(嗜好策呉)にお願いして、ご提供いただきました画像です。